引越しました わたしの現状の引越し最適解など

4 min

こんにちわ、あいこです。

東京→関西に引っ越して1年ほどたち、再度関西内で引っ越しました。これまで13回以上の引っ越しを行っていますが、まず最初に面倒なのが引っ越し業者選定でした。ただ、今回はすでにここ!という引っ越し業者がある状態からのスタートでしたので、本当にとってもスムーズに引っ越しすることができました。

この記事ではわたしの遠距離・近距離含め13回以上の引っ越し経験から、とりあえず今のところのわたしの最適解についてご紹介します。ものが減ったら次は引っ越し、と考えている方も多いようです。

  • 引っ越しの計画がある
  • 引っ越しサービスの探し方を知りたい
  • おすすめの引っ越し業者があれば教えてほしい

こういった方はぜひチェックしてください。

どのサービスでも一長一短ありますし、人それぞれの好みもあります。この記事の内容はあくまでも一意見としてご参考にしていただければと思います。

引っ越し履歴

まずは年代別での履歴を思い出せる範囲でご紹介します。

  • 20代 6回
  • 30代 4回
  • 40代 3回

ざっくり2-3年ごとに引っ越ししている計算です。なんだか回数的には年を重ねるごとに落ち着いてきているようにみえますね。

20代:引っ越し初心者

引っ越しを行うにあたって、学生のころは荷物が少なかったため友達に手伝ってもらったりしてました。引っ越し前日に荷造り終わらなくて、残りを全部ゴミ袋に突っ込んで移動した覚えがあります。

それ以降は一社目の転勤での引っ越しがメインです。会社負担での引っ越しだったのであまり予算を気にしなくてよく、加えて引っ越し業者もある程度指定があったりで自分で価格やサービスの比較検討をしっかりした、というわけではありませんでした。

30代:引っ越し業者に絶望

引っ越しサービスを自分で比較検討し利用し始めた時期です。もちろん費用も自己負担なので比較検討していました。ネット比較サイトとかあったのでしょうか?あまり覚えていないのですが今ほどはネット情報充実していなかったように思います。テレビなどの情報メインで、必然的にテレビでよく宣伝している大手数社で合い見積もりをとって決めていました。

そうやってテレビでよく宣伝している会社何社か使ってみて思いました。

あいこ

あいこ

どこも似たり寄ったりやん…

あくまでわたしの経験ですが、どの会社に頼んでも…

  • 見積り作業が長い:ほとんど訪問を要求される。加えて荷物確認してからも長い!最初の見積もりはだいたいとんでもなく高くて、それから値引き交渉などが延々と行われる。
  • 作業人数が多い:当日はなんか4-5人作業員の方が来て、中には何してるかわからない人がいる
  • 作業者がプロじゃない:今日からのバイトでしょ?という人がいて、設備、荷物への配慮が薄い

という状況でした。引っ越し作業中いろんなところに荷物ぶつけてる音がしてずっと嫌な感じですし、それらを後でチェックして何かあれば報告という作業も面倒でした。保障はあるけど、それが簡単に使えるかどうかは別、といったところでしょうか。

  • 20代 6回
  • 30代 4回
  • 40代 3回

なんだか回数的には年を重ねるごとに落ち着いてきているようにみえますね。

こういった詳細を振り返る前までは、実は自分では本当にこれ信じてました。ですが、こう見るとただただ引っ越し業者とのやり取りが面倒になっただけだったのでは?と思い始めています。

40代前半:絶望からの復活

こんな感じで一通り有名どころを試して絶望してたんですが、この頃に友達にお勧めしてもらった業者さんでがらっとイメージが変わりました。

この会社は関東圏内での移動で2回利用したのですが、これまでと比較すると…

  • 見積り作業が短い:メールで完結。値引き交渉必要なし。リーズナブル。
  • 作業人数が少ない:2人だけ。少数精鋭
  • 作業者がプロ :みなさん設備、荷物への配慮がありました。ほんとにプロでした。

これまではなんだったんだろうというぐらい引っ越し前後のストレスがなかったです。見積りに時間とられないし、余計な交渉しなくていいし、引っ越し作業中に荷物ぶつける音とかないし。いややっぱり訪問しなくても見積り出せるよね?あんなに人数いらないですよね?

こちらの業者さんはわたしの中で転機でした。引っ越し業者って結局こんな感じだよね。というわたしが設定していた枠が狭かったことを教えてくれました。

なにわ引越センターさん、というところです。

40代後半:最適解発見までの道のり

ということでこれがわたしの最適解!となるかと思っていたのですが、直近2回の引っ越しはこちらと違う会社さんにお願いしています。その理由は、この2回の引っ越しが、東京→関西、関西→関西だったからです。

なにわ引越センターさんはHPにも記載されてる通り、関東メインとなるようで、東京→関西の引っ越し見積もりをお願いした際には結構厳しい内容となりました。(その理由も正直に教えていただいたので、今でも良いイメージのままです。)

そこで仕方なく引っ越し業者比較サイトを利用したのですが、その際に大手は除いて訪問見積なしを条件にいくつかの業者に問合わせを行いました。ただ条件として訪問なしを挙げていても、電話・メールでの問い合わせの途中に後出しで何らかの条件を加える業者がほとんどで結局面倒だったのを記憶しています。その中で2社ほどメールもしくはネット見積で完結という業者を発見しました。価格交渉も必要なく、両社とも最初からリーズナブルな価格だったので迷った上で、ネット見積りで完結、追加料金なしという手軽さで業者を決定しました。

この業者さんは直近2回の引っ越しで利用していますが、そのサービス内容からいまのところわたしの引っ越しの最適解となっております。

アップル引越センターさんです。

こちらはこれまでに挙げた条件

  • 見積り作業が短い
  • 作業人数が少ない
  • 作業者がプロ

を満たした上で、ネットで引っ越し見積もり~日程の決定までワンストップ数分で完結します。

ちょっとこれ大丈夫かな?本当に予約できてる?と不安になるぐらい簡単にできちゃいました。

質問がある場合は電話での問い合わせも気軽にできるので安心です。ネットだけで完結→問い合わせようとしてもよくあるご質問に誘導されて電話・メール問い合わせまでが迷路(こういったシステムも生産性考えたら妥当と思っています。)とかでもないのもかなり便利でした。

まとめ

引っ越しにしてもなんにしても自分でコントロールできない部分を誰かに頼むときには、信頼できる業者・パートナーを見つけることは本当に重要なことだと思っています。だからこそ、面倒でも頑張らないと仕方ないのですが、面倒なのはできるだけ避けたいですよね。今のところですがわたしは自分の最適解が見つかってとってもラッキーです。

ものも減って、いろんな面で引っ越しも簡単にできるようになった今は本当に身軽。なんだか今後の人生設計もがらっと変わりそうです。夏と冬とか、季節で住む場所かえるのもいいかもしれない。夢が膨らみます。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

どのサービスでも一長一短ありますし、人それぞれの好みもあります。この記事の内容はあくまでも一意見としてご参考にしていただければと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA